花宵道中のあらすじと無料視聴方法を紹介

2020年11月21日

花宵道中は日本映画で、遊女のせつない生き様を描いています。青年と恋に落ちる女郎の生涯を安達祐実が演じていて、ヌードシーンによって新境地を見せた作品です。

江戸時代末期、吉原の女郎である朝霧は人気があり、身体に花が咲くと有名でした。母親も女郎で、母は男にだまされると折檻していて、キセルの跡が彼女の身体にはあります。人気があったので稼ぎがよく、他者よりも早く年季が明けるはずでした。

ある日、神社の境内に出店が開かれ、八津に誘われは出かけます。半次郎という青年に出会い、脱げた片方の下駄を探してくれました。朝霧は半次郎を好きになりました。

朝霧はかんざしをなくしたことに気づき、翌朝かんざしを探しに行くと半次郎と再会します。境内で半次郎と会った時、彼は壊れていたかんざしを元通りにすると言います。

直したかんざしは三日後、この境内で渡すと彼女に告げます。朝霧は自分より年の若い八津をかわいがっていて、八津には大島屋がついていました。大島屋は八津をいずれ身請けすると言っていたのですが、大島屋は他の女郎と歩いています。

この裏切りに八津は泣き崩れますが、同じ女郎の江利那からは男を信じるからと笑われました。寝床で朝霧は八津に優しい言葉を慰めますが、寝坊してしまいます。半次郎からかんざしをもらう日だったのですが、境内に遅れて行ったので半次郎に会えません。

その後、半次郎が女と話をしているのを見て、朝霧は傷ついて帰りました。大島屋が八津のところへ戻ってきて、金さえ積めばよいという大島屋に朝霧は金を投げ返します。

朝霧は年季明けが近づいてきたのですが、吉田屋から指名が入りました。すると半次郎は吉田屋と同席していて、彼女の表情を見て彼に恋をしており、半次郎も彼女が好きなことに吉田屋は気づきます。吉田屋は彼の前でわざと朝霧を抱くのですが、吉田屋は水揚げの相手になるので朝霧はむげにできませんでした。

朝霧と半次郎は示し合わせていないのに境内で落ち合い、かんざしを返してもらうと彼と抱きあいます。朝霧は年季が明け、半次郎の姉の行方が分かると一緒になろうと約束しました。

吉田屋は半次郎に自分の遠縁の娘であるしのとの縁談を持ちかけ、朝霧には自分が身請けすると告げます。半次郎としのの婚約の席で、吉田屋は半次郎の姉である霧里のその後を語りました。霧里は追い出され結核になったのですが、吉田屋が彼女を身請けした理由として取引相手に抱かせ道具として使うことが明かされました。

半次郎は怒り棒で吉田屋をなきものにし、朝霧は半次郎を逃がすのです。八津は朝霧を責めるようになり、彼は追われる身になってしまいました。

朝霧がある日逃がしたはずの半次郎と出会い、彼の無事を知って喜んだのですが、なぜ戻ってきたと怒ります。半次郎は花魁道中の着物を持参していて、半次郎が着付けし彼女は夜の境内において花魁道中を行うのです。

その後朝霧と半次郎は境内にある小さな小屋で結ばれます。その後、彼は見つかり捕まってしまい、監禁処分を受けている朝霧のところに、彼は打ち首になった知らせが入りました。

その後、朝霧は身を投げてしまい、その遺体から八津がかんざしを抜き取ります。八津は咲かないより咲いた方が女として幸福だったと言います。一生分の花を咲かせと八津は言い、八津の脳裏には二人が出会ったシーンが蘇ります。

八津は髪に彼女の形見であるかんざしをさすのでした。安達祐実が体当たりの演技をしている作品で、原作ではいろいろな女郎についての話になりますが、この映画では朝霧がメインになっている作品です。

遊女たちの生き様が美しく描かれていて、コミックにもなった人気小説を映画化したものです。安達祐実がヌードシーンなど体当たりの演技を見せています。

         この動画は以下のVODから初月無料で視聴できます。