キングダムのあらすじと無料視聴方を紹介

2020年11月23日

キングダムは紀元前中国、春秋戦国時代が舞台です。孤児院で育った少年信と漂は修行を積み、切り離せない絆を築き上げ、中国統合を共に目指しました。戦う力を見初められた漂は王宮へ招待されますが、道中で戦いに巻き込まれ怪我を負ってしまいます。命からがら何とか故郷の信の下へたどり着き、一枚の地図を託します。信は漂から渡された地図の村を目指して旅をし、漂とうり二つの少年と出会います。この少年こそが、のちの始皇帝となる秦王の政だったのです。

信は自分の為、漂との約束の為戦に赴き、次々と結果を残し遂には300人をも率いる将軍にまで上り詰めました。
昔の思い出と約束を胸に、信は政と他の将軍たちとともに中華統一を目指します。
数々の戦いの中、仲間の死を幾度となく体験しながらも強く成長し、信は政とともに戦いの腕をめきめきと上げていきます。
そしてついに中華統一も目前と思いきや、楚が秦に向けて進軍を開始しており、城壁が破られたとの報告が入ります。
秦の南部の中間地域まで進軍されていたが、この時の軍隊は足止めに成功します。
引き続き別の軍も楚戦に向けて出発していましたが、そこにいたのは秦に進軍を進める魏軍でした。
なんと他にも趙、楚、韓、斉、魏、燕の合計6国が手を組み合従軍を結成し、秦への進軍を進めていたのです。
合従軍の状況をうまくつかめてはいなかったのですが、斉王を軍から離脱させるために秦は動き、まずは外交で斉軍をあっさり離脱させることに成功します。もう一つの戦、魏軍に対しては秦軍が10/1の数で激突しており絶体絶命状態です。援軍も加わりますが、魏軍の新たな戦略に気が付き一時本陣に撤退を余儀なくされます。
合従軍は四軍の将軍がついに同じ場所に集結、秦を倒す戦略を立てます。対して秦軍も全将軍で新たな戦略を企てます。
函谷関には主人公の軍も含め、秦のすべての軍が集結していました。山と城壁を守り、進軍を止める役割を背負った秦軍は楚軍と激突します。
楚軍は責められているにも関わらずなかなか動こうとしません。そしてついに秦軍は挟まれ、疲弊した兵士たちから次々と倒されていき、統率も取れず士気も下がる一方で絶望的な状況です。
そこへ主人公軍が満を持して姿を現します。激を飛ばし恐れることなく攻め入ります。それをみた秦軍も触発され活気と士気を取り戻します。
敵軍は城壁には届かないであろう大型兵器を、届かないのが分かっていながらも進軍してきます。なぜ使えない兵器を進軍させてくるのか、敵軍の戦略とはいったい何なのか、秦軍は戦いに挑みます。





アニメ

Posted by isikawa